HOME


ガスはクリーン&エコロジー

2014年11月8日・9日開催 
白木家電ガス「エコリフォーム相談会」レポート


紅葉が綺麗な季節になりましたね。
より快適な暮らしを提案する「エコリフォーム相談会」が開催されました。

毎回好評のワイワイクッキングコーナー。
今回の担当は8日が鳥家享子先生、9日が男性スタッフでした。 取材は8日にお邪魔しました。

8日のメニューは4品。「青魚(サバ)のさつま揚げ」「長芋と塩昆布の炊込みおこわ」「ナスのお焼き風」「マロンクリーム」でした。
※詳しいお料理レシピはこちらから

アドバイスがいっぱい!!鳥家先生のわいわいクッキング!!

「いちいち計量スプーンを使うのはめんどう。例えば、ごま油大さじ1。時間のある時、フライパンに大さじ1のごま油を入れてみてください。どれくらいの円になるか。それを覚えておくと、計量スプーンを使わなくてすみますよ」。
鳥家先生のわいわいクッキングでは、役に立つアドバイスがいっぱい!!熱心にメモを取るお客様も見られました。
そして、エプロン持参でアシスタントをされた方も。

気がつけば、お客様でいっぱいに…そんな素敵な雰囲気中でのお料理教室でした。
【8日のメニュー☆ポイント】                         
●青魚(サバ)のさつま揚げ        



・サバの骨は、骨抜きを使うと便利です。

「何しよっての?」サバの骨抜き中のスタッフの周りに人だかりが…。
・にんじんやごぼうを千切りにする時。始めに切りたい長さで斜めにスライス。
それを重ねて、切りそろえると簡単です。
・さつま揚げを形作る時は、手にサラダ油をつけて始めましょう。

●長芋と塩昆布の炊込みおこわ
・「噛む」ことは健康にとって、大切です。
だから、長芋はシャキシャキした食感が残るくらいに仕上げてください。あまり煮過ぎないように。

・塩昆布は炊き上がってから混ぜ合わせてください。最初から入れると、でき上がりが黒っぽくなってしまいます。

●ナスのお焼き風
・ナスを塩水に漬けると、アク抜きと味付けが同時にできます。
・豚肉を1cm幅に切る時、まず半分に切り、それを重ねてまた半分に。そうして切っていくと綺麗に速く切れます。
・しめじはあまり水洗いすると、食感と香りが損なわれます。栄養的にも石づきをとるぐらいで、できるだけ全部使いましょう。
・小麦粉のだまをとる時は、泡立て器で混ぜましょう。その泡立て器で生地作りをすると、洗いものも少なくてすみます。
・生地作りをする時は、真ん中に水を入れて、混ぜていきましょう。
・このメニューはチヂミのように、
揚げ焼きでカリッと仕上げましょう。

●マロンクリーム
・栗あんは冷凍しておくと、便利です。
・盛り付けも一工夫しましょう。
今回のようにグラスを使うと、ぐっとおしゃれなおもてなしメニューになります。

暖房の季節になりました!!

朝晩は冷え込む日が多くなりましたね。
会場では、床暖房やファンヒーターを熱心に見られるお客様もいらっしゃいました。

昔懐かしい発動機!!


屋外では発動機の実演がありました。
昭和初期頃、脱穀機のエンジンなどに使われていたそうです。懐かしい音に足を止める人も。

見て、触れて実感!!好評だった相談会!!

会場にはキッチン、トイレをはじめ新商品がズラリ!!
実際に商品を見て、触れて、スタッフから説明が聞けるのでお客様も安心して商品が選べます。

来場者には記念品をプレゼント!!
もらったライトの使い方を聞く、ちびっこもいました☆
白木家電ガスでは、常にお客様の立場でご相談に応じます。地元の元気なガス屋さんは、地域の強い味方です。
ガス製品、家電製品、リフォーム等お客様の納得の行くまでお付き合いします。安心と満足をご提供します。

取材にご協力頂き、ありがとうございました。   
-取材F:-2014.11.8-

▲PAGE TOP