HOME


ガスはクリーン&エコロジー
冬のオススメ商品
 
浴室暖房でヒートショックを予防しよう!
冬になると、暖かいお風呂で身体を温めたいもの。
でも、寒〜いお部屋や脱衣所から急に湯船に浸かると、身体がある反応を起こします。
それがヒートショック。
温度の急激な変化によって身体が受ける衝撃のことで、特に冬場の浴室で起こりやすいのです。
 
冷え切った身体のまま、42℃以上の熱いお風呂に入浴するとします。
まず、身体は熱さに驚き、血管が収縮し血圧が上がります。これは脳卒中や心筋梗塞の原因となる場合があり、大変危険です。
やがて上がった血圧は、どんどん低下していきます。
すると今度は、脳に血液が届きにくくなり、意識障害や失神を起こす可能性が高くなります。
 
さらに危険なのが、ヒートショックによる意識障害や失神が原因で起こる入浴事故。
意識障害や失神を起こすと、浴槽で溺れてしまうことが多いのです。
もし肺に水が入ると心停止を起こし、最悪の場合死に繋がります。
実はこの入浴事故による死亡者は、年間1万人を超えるといわれているのです。
 
ヒートショックを起こしやすいのは
・熱いお風呂が好きな人
・動脈硬化・高血圧の人
・65歳以上
・飲酒・食事後に入浴する人
などが挙げられます。当てはまる人は特に注意が必要です。
ヒートショックから身を守るために大切なポイントがあります。
@お湯の温度を40度以下にする(ただし個人差があります)
A部屋の温度差を無くす
まずはこの2つのポイントを守るようにしましょう。

 
部屋の温度差を無くすには、家をまるごと暖める「新・温水式床暖房」がおすすめです。(←クリックして下さい)
さらにお風呂には浴室暖房を設置すると安心です。
ただ暖めるだけでなく、換気・乾燥・涼風など機能がいっぱい!さらにミストサウナまで楽しめるものもあります。
もちろん、ランニングコストは電気式の半分です。

○ノーリツ浴室暖房乾燥機 http://www.noritz.co.jp/onsui_danbou/index.html#d_bath
○リンナイ浴室暖房乾燥機 http://rinnai.jp/products/bathroom/br_hotdryer/
ヒートショックを防ぐためにも、ぜひ浴室暖房を利用してみてはいかがでしょう?
詳しくはお気軽にお問合せ下さい。